ダンス&ドリーム:JAPAN that have beautiful dance and scenery

第27回Yosakoiソーラン観覧

2018/06/19
 
スポンサードリンク 2




🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

スポンサードリンク sp2




🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶🔶

この記事を書いている人 - WRITER -
I am cameraman of which is Studio Dance&Dream , Little queens and 美勝女隊. このサイトは、スタジオダンス&ドリーム・リトルクイーンズ、美勝女隊の生徒のイベント出演写真の掲載及び、国内外の旅の記事等を掲載しています。

この祭りの出会いは1999年に札幌に赴任して第8回目のYOSAKOIソーランを観覧したことです。それから今回が27回目ですから、時が過ぎるのは早いものです。この祭りは、北海道大学の学生だった長谷川氏(現在、国会議員)が高知のよさこいを見て、札幌でも同様に始めたものです。第1回目が1992年に10チームの有志が始め、第5回目が108チーム、第8回が333チーム,第10回が401チームがピークで,以降300チーム程が参加しています。美勝女隊は第14回(2005年:334チーム)に参加して、第一次審査委員賞を受賞しました。今年は276チーム(27000名)ですが、私が最初に見たころと変わらないため第8回には完成した祭りになっていたと思います。定番のチームは、平岸天神・新琴似天舞龍神、北海道大学「縁」、夢想漣えさしで、今年は夢想漣えさしが大賞でした。1チーム150名以内という規定であるため、地域の町ぐるみで参加しており、正月明けのまだ雪が降り積もるなか練習を開始しているようです。

このような盛大なイベントが行われる大通り公園は、幅105M長さ1.5㎞の直線に両脇を3車線道路があり、ここが祭り期間は専有されます。
この公園&道路の構想を考えたのは、明治維新に北海道に開拓使として赴任した佐賀県人の島義勇で、札幌市役所のロビーに大きな銅像があります。


この記事を書いている人 - WRITER -
I am cameraman of which is Studio Dance&Dream , Little queens and 美勝女隊. このサイトは、スタジオダンス&ドリーム・リトルクイーンズ、美勝女隊の生徒のイベント出演写真の掲載及び、国内外の旅の記事等を掲載しています。
スポンサードリンク sp1




スポンサードリンク 3




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ダンス&ドリームの窓 , 2018 All Rights Reserved.